top of page
  • 執筆者の写真コバヤシ

集客の本質

ここ最近改めて集客についての相談を受けることが増えてきているので、集客のやり方ではなく、集客の本質について少し書きたいと思います。



集客とは、外に求めるものではなくて内にあるもの。


ココが本質。



もちろん認知を広げるためには外への発信も必要ですが、自分1人の発信には限界があります。


仲間や友達、家族に手伝ってもらったり応援してもらうことも必要でしょう。


周りに認知活動のお手伝いをお願いするのは簡単ですし、頼めばやってくれるかもしれません。


でもそれをしている間はまだ弱い。



頼んでいるうちは集客できない。

周りが能動的にならないと。


周りが能動的主体となり集客をする状態とは、

他人ごとが自分ごとになっている状態。


それを"公共する状態"と言います。



「応援してくれ」

「手伝ってくれ」


では、ただのクレクレ君。



公共するには、

周りを動かすには、至誠が要る。



至誠は行動に現れる。




集客できるかどうかは自分の内にあり、全て自分次第。






閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

整備士の離脱を防ぐ方法

経営者の皆様にとって、 「整備士の離脱」は、何としても避けたいものですよね。 そのためにほとんどの企業が打つ施策が、 「給与を上げる」という方法なのですが、 実はこれだけでは不十分なんです。 というよりも、給与を上げることと相応に整備士が望むものがあります。 それが何かおわかりでしょうか? 整備士の離脱を防ぎながら利益率を上げる方法があれば知りたくありませんか?

SNSを間に受けるな

「不労所得で生活することが目標です。」 という人に、仕事ができる人は居ないと思っている小林です。 もうね、SNSの影響をモロに受け過ぎ(笑) これまで何千人もの企業経営者と会ってきましたが、こんなことを言ってる人で、企業経営が上手くいってる人なんて見たことがない。 そもそも目の前のことに全力で取り組めない人間が、夢を叶えられるハズがないんです。 経営者に限らず、アスリートはもちろん、イチ会社員でも

bottom of page