top of page
  • 執筆者の写真コバヤシ

ビジネスの寿命を知らない愚者


久しぶりの更新となります。


ビジネスの寿命を知らない経営者が思いの外多いので、そちらについて書きたいと思います。


まず、どんなビジネスにも寿命はあります。



誰でも簡単に始められるビジネスであればあるほど、ライバルがどんどん増えていき、集客の難易度は上がっていきます。



そして他社と差別化できない人、お客様との精神的なつながりを作れなかった人から消えていきます。



にも関わらず、


「今は忙しい」

「今儲かっている」


という理由で、ずっと今ある事業が続く気である人が多いのは、この業界のあるあるのような気がします。



危機感のない人が多い。



どんなビジネスをしても、

あなたよりも優秀なライバルはどんどん現れますし、あなたよりも努力している人、あなたよりもビジネスやお客様を愛している人にはどう頑張っても負けます。



必要とされるニーズは変わり続けるのに、

あなたの提供することは変わらないとなると、

これからの時代どうあがいても生き残れない訳です。




そのために必要なことは、

1つの事業にのみ執着しないということ。



1つの事業に執着すると、

伸びる時は一気に伸びるのですが、その反面ダメになる時も一気にダメになりやすいです。


つまり、1つの事業ではリスクが大き過ぎるんですね。



だからこそ事業の多角化が中小零細企業にとって急務。



攻めながらも守るということがスタンダードの時代において、事業の多角化が最優先事項となり、そのために輸入車整備という事業は非常に有効であると。



これから一気に中古車業界が二極化していくのは間違いないので、これから見ていてください。










閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

整備士の離脱を防ぐ方法

経営者の皆様にとって、 「整備士の離脱」は、何としても避けたいものですよね。 そのためにほとんどの企業が打つ施策が、 「給与を上げる」という方法なのですが、 実はこれだけでは不十分なんです。 というよりも、給与を上げることと相応に整備士が望むものがあります。 それが何かおわかりでしょうか? 整備士の離脱を防ぎながら利益率を上げる方法があれば知りたくありませんか?

集客の本質

ここ最近改めて集客についての相談を受けることが増えてきているので、集客のやり方ではなく、集客の本質について少し書きたいと思います。 集客とは、外に求めるものではなくて内にあるもの。 ココが本質。 もちろん認知を広げるためには外への発信も必要ですが、自分1人の発信には限界があります。 仲間や友達、家族に手伝ってもらったり応援してもらうことも必要でしょう。 周りに認知活動のお手伝いをお願いするのは簡単

Comments


bottom of page